<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

木匠塾同窓会

昨日、修了式があり、木匠塾最後の卒業生5人が期待を胸に大海へと漕ぎ出しました。
(朝日新聞(3.9付)、中日新聞(3.10付)、岐阜新聞(3.10付)いずれも岐阜県版に掲載)
b0178322_16525525.jpg


夕方から11期生が幹事となり、「木匠塾同窓会」が、市内のスタジオを借り切って行われました。
遠くは新潟、静岡、兵庫からもご参加いただきました。
木匠塾カップル2組もお子さんを連れて幸せそうでした。

それでは石田塾長の乾杯の発声でスタートです
b0178322_16555819.jpg


先生の姿の奥に写るボードは残念ながら所用で欠席の方からお寄せいただいた近況です。
ありがとうございました。

佐々木先生もかけつけてくれました
b0178322_16575480.jpg

各期ごとに一言・・・・
b0178322_16585631.jpg
b0178322_170228.jpg
b0178322_1704035.jpg
b0178322_171160.jpg

1期生の木枝さん(唯一の出席者)
b0178322_1715282.jpg

ケンセイさん
b0178322_1735631.jpg

ミワさんも参加していただきました
b0178322_1754112.jpg

糸魚川先生にも
b0178322_176428.jpg
b0178322_1774551.jpg

中川先生、三浦先生
b0178322_1710860.jpg

そして昔話に花を咲かせる皆さんです
b0178322_17141684.jpg
b0178322_17143581.jpg
b0178322_17145554.jpg
b0178322_17151023.jpg
b0178322_17152438.jpg
b0178322_17154487.jpg
b0178322_1716276.jpg
b0178322_17162877.jpg
b0178322_1717059.jpg
b0178322_17172652.jpg
b0178322_17174410.jpg

おチビちゃんたちもパチリ
b0178322_1718364.jpg


わいがいがやがやと時が経つってしまいました・・・・チャンチャン
                               

このブログ「木になる学び」はあとしばらく11期生で不定期に続けさせていただきます。
更新がなくなるその日まで時々覗いてください
お楽しみに
                                      (のぼちゃん)
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
↑ランキングへ参加しています。クリックお願いします。

b0178322_9122421.gif
[PR]
by mokushojuku | 2012-03-10 17:28 | 木匠塾

大掃除

一昨日、鶯の鳴き声で目覚め
昨日、日向ぼっこしてたトカゲを踏みそうになり
今日、花粉症が発症しました

春の足音を日々感じる木匠塾では、明日の卒業式を迎えるにあたり校内の大掃除を行いました。  ↓掃除を終え、眠りにつく実習棟
b0178322_420156.jpg

終わってみれば、あっという間の1年でした…
1つ1つの出来事、数々の出会いに思いを馳せると、この木匠塾で過ごした時間は
間違いなく人生で欠かすことのできないものとなりました。
また木と真摯に取り組めた時間は、とても心地の良いものでした。

昨年の4月に初めて実習棟に入ったとき、先輩方が残していった作品から
10年間築き上げてきた伝統の重さを、ヒシヒシと感じたものでした。
手作りのモノは何かを伝えてきます。
「便利、安く、使い捨て」、とかく今モノへの価値観が希薄になっていると思います。そんな中、全国有数の木の産地からまた1つ、モノ作りを伝える場が無くなるのは残念でなりません。今後、本校の意思を継ぐような場が新しい姿となって生まれてくることを願いつつ、最後の卒業生とし、ここで学んだことを社会に還元していくことが将来の日本の為になると信じ、精進していきたいと思います。

以上、お世話になりました! Tsu

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
↑ランキングへ参加しています。クリックお願いします。

b0178322_9122421.gif
[PR]
by mokushojuku | 2012-03-08 23:59 | 木匠塾

啓蟄

今日は啓蟄。冬籠りの虫、声を啓く時だそうです。
みるみる日照時間が長くなり、寒さも和らいできたような気がします。しかし今年の「木匠塾」に春は来ません。「木匠塾」は今期限りで閉校となり、後輩となる新入生がいないということです。在校生の一人として残念でなりません。閉校の理由は「木匠塾」ホームページに詳しく述べられていますが、一言で言えば「生徒不足」ということです。

なぜ大工のなり手が少なくなったのでしょうか?

ほんの1年、建築をかじっただけでたいへん僭越ですが、少し感想を書いてみます。
最大の原因は大工の地位が低いということです。
もともと大工の名称は1軒の建物を建てるときその職人群のトップに立ち、すべてを差配する最高指導者から生まれた言葉です。しかし現在はプレカットが普及し、大工の仕事は工程表のひとつの人工に埋もれ、主体性も創意工夫の余地も少なくなっていきました。建築基準法の規制による金物の多用も意欲を失わせるひとつかもしれません。大壁工法の普及も木造技術の伝承、向上を妨げているような気がします。
そしてなにより、収入が安定しないことがあげられます。大部分の大工は日給月給で退職金も保険も充分とはいえない状況でしょう。また施主さんとの関係では、請負契約での立場の弱さもあります。
加えて高価な道具類も自己負担となります。
業界内では古い徒弟制度の因習も残っていて、これが自ら近代化を阻んでいるとも感じます。

しかしこれら逆に言えば、職人として独立する棟梁としてのリスクといえば言えそうです。ほんとうに触りだけですが、長年の経験や師匠から代々伝えられた技術。木の気持ちを大切にし、道具を自在に使い木と対話しながら仕事を進める大工と呼ばれる人にしかできないものをこの1年で見せていただきました。「木」の文化は日本人の原点でありけっして廃ることはありませんし、再び見直されてきます。施主さんと信頼関係を築き、思う存分腕を奮ってひとつの建物を作っていくことができれば、その喜びはかけがえのないものでしょう。

原子力に代表される現代科学文明がおおきな曲がり角にきて、大量生産・大量消費に替わって、スローライフや持続可能な社会の実現が叫ばれています。キーワードは「ほんもの志向」「(自給自足はちょっと無理なので)地産地消」「癒し」です。ドイツのマイスターのように職人が地域から尊敬され、誇りをもって生き生きとその道を極めていけるような社会がきっとくるはずです。

11期生もいよいよ卒業間近。
木匠塾の若い虫たちが長い冬を越して世に顔を出し、声をあげます。
どうかよろしくお願いします。

b0178322_23553118.jpg

虫の絵が撮れなかったので、土から芽を出す「ふきのとう」でごかんべんを(のぼちゃん)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
↑ランキングへ参加しています。クリックお願いします。

b0178322_9122421.gif
[PR]
by mokushojuku | 2012-03-05 23:59 | 木匠塾