実況報告

先週日曜日、やっと、やっと、やっと技能検定試験が終りました。

それでは検定の実況報告を

午前7:00 Tsuneさんの車に便乗して木匠塾を出発
午前8:00 スットバして予定より30分早く、美濃加茂の匠アカデミーに到着。
        4人のメンバー全員集合。まずは合格の権利ありだ。

《会場入り口》
b0178322_8969.jpg

午前8:30 受付開始 受付では「××がまだ来ていない」とか「寝過ごした」とか
      他の学校の先生が慌てていた。今回の受検者は3級15人ぐらい、
      2級8人(うち技能五輪予選者4人)、1級8人のようだが
      結局、3人が欠席。
午前9:00 いよいよ試験開始。まずは別室で図面。ここは50分で完了。
      練習より10分速い!が、木匠塾メンバーはもうとっくに誰もいなかった・・・

《実習場の様子》
b0178322_894574.jpg


午前9:50 実習場に帰ると皆、木作りに取り組んでいた。よし、遅れを取り戻すぞ。
      と、削り台の止め具が不調。試験官にアピールし削り台の交換をしてもらう。
      2分はロスしたぞ。
      材料は練習時の「ヒノキ」と違って「ヒメコマツ」。とにかく柔らかい。
      振れ垂木の「くせ」をとって、墨付けして提出。削り過ぎとの指摘を受ける。
      「削り足りない」ならなんとかなるが、[削り過ぎ]は後の祭り。
      「ヒメコマツ」のなせる業だ。
      墨付けを終えたのが11:50。
      後ろの「ゆう」さんは30分前からインパクトを響かせていた。
      他の学校の受検者はきっとその速さに驚き焦ったはずだ。
      こちらは予定通りのペースだと開き直り、昼休憩までの10分は余り時間。
      余裕で鋸を引く。

午後0:00 昼休憩  午後の戦略を考えながら昼食
午後1:00 再開。2時間でだいたいの刻みを終え、あとは垂木の調整。
      あちらを削ればこちらが付かず、時間ばかりが経っていく。妥協するしかない。
午後3:20 「ゆう」さんは余裕で試験官と話をしている。
とっくに出来上がっていつ出そうかと迷っているようだ。
      こちらはやっと面をとって組み立てに入るというのに・・・。
      とにかく「かね」にだけ注意だ。芯垂木に鼻栓を打ってふたたび垂木の調整。
      20分やってもやっぱりだめ。時間がない。あきらめて振れ垂木を釘打ち止め。
      最後に鼻隠しを取り付けるのだが、墨どおり切ったつもりが、隙間が開く。
      必死で垂木の先を鉋削り。鼻隠しの芯墨を確認して釘止めして完成。
      提出は制限時間4:00の3分前。なんとか出来た!!
      「ヒロキ」さんは5分前。「Tsune」さんは3:59でぎりぎりセーフ。
午後4:00 長い1日が終ったぞー。ご褒美に皆でスーパー銭湯「華の湯」へ。汗を流し、
      焼肉をたらふく食べて帰路についたのだった。

あとは合格通知を待つのみ。トイレの神様 いや、大工の神様よろしくお願いします。

ん?待てよ まだ学科試験があるぞ!!!
                                            実況 のぼちゃん

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
↑ランキングへ参加しています。クリックお願いします。

b0178322_9122421.gif
[PR]
by mokushojuku | 2012-01-25 21:25 | 木匠塾
<< いの一番 準備完了 >>