浅漬けにかぎる

b0178322_12282123.jpg

 昨日「福祉住環境コーディネータ」2級の検定試験がありました。「福祉住環境コーディネータ」とは高齢者や障害者のための住宅改修などのお手伝いをするお仕事で、検定は東京商工会議所の主催なので中津川市の会場も商工会議所です。今回、木匠塾からは3人プラス1人の計4人が受験しました。

 試験までの経緯を追うと
2ヵ月前:テキストをネットで買う。これでもう合格する気になる。
 テキストの最初のほうで「加齢とともに短期の記憶を長期の記憶にするための情報に注意を向ける能力、整理して脳内に貯蔵する能力などが低下する。・・・」と書いてあって、まことにもっともだと妙に納得し、あまり早くから勉強を始めても結局、忘れてしまうと元も子もないので、短期集中で望むことにする。

10日前:ルミさんに「過去問」の本を借りる。
 過去問は1回分60問程度、2時間の制限時間だが、途中で眠たくなって、1回分を2日でやるような始末。

1週間前:身が入らず。まだ1週間もある。

3日前:まだ2日ある。

2日前:まだ土曜日が1日ある。

前日:1日しっかり勉強するつもりが、映画のお誘いなどあって結局まる1日遊んでしまう。帰宅は夜の11時。徹夜しようとも考えたが、試験中に寝てしまったらまずいので、とりあえず寝る。

当日
  7:00 これからが勝負だ。(試験は午後1時半から)。一夜漬けならぬ朝漬けです。
 13:00 会場到着。中津川の商工会議所の受験生は合わせて30人ほどでした。
 13:40 試験開始 朝テキストで読んだところから数問出題されていた。ラッキー!!
 15:10 余裕のルミさんは試験時間を30分余して悠々と退席。完璧なのだろう。
   こちとら、時間いっぱい使って悪戦苦闘しているというのに。
 15:40 終了。
 18:00 TUNEさんから解答が送られてきた。
    自己採点の結果はおよそ85点。合格間違いなし。これも浅漬け(朝漬け)のおかげだ。
 

 もしスベッたら「頭を丸める」覚悟はすでにできているのぼちゃんでした。

追記
テキストにはこんな記述も
「高齢者を歩く早さで4分割するともっとも遅い4分の1の高齢者はその後の4年間に、死亡する割合が最も速い4分の1に比べて5倍も多いことが分かっている」
皆さん、速く歩きましょうね。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
↑ランキングへ参加しています。クリックお願いします。

b0178322_9122421.gif~平成24年度(第12期生) 木匠塾訓練生募集中~
詳細は木匠塾HPを参照下さい。
塾生ブログ「木になる学び」も随時更新中!!
[PR]
by mokushojuku | 2011-11-28 12:50 | 木匠塾
<< サクセスフルエイジングのススメ サンタさん >>