棟梁-堂宮大工の世界-

こんにちは沼野です。
 今日は神戸市にある竹中大工道具館の開館25周年記念巡回展(名古屋市西区の産業技術記念館で開催されています)を見に行ってきました。
 パンフレットにはこう書かれています。「堂宮大工が扱うのは数百年の歳月に耐える頑丈で美しい建物である。それだけに扱う木材も大きく、またそれらをつなぎ合わせる継手や仕口、あるいは部材を複雑に重ねて構成する組物、反り上がった屋根など特殊な知識と技術が求められる。」
 
 展示場の入り口です。写真撮影は禁止でしたので写真ではお伝えできませんが、修行-設計-墨掛-刻み-木組み-式祭-道具が展示品とともに解説されていました。
b0178322_18262073.jpg

 ラッキ~♪ 今日は実演・体験教室が開催される日です。
b0178322_1937383.jpg

 墨打ち、台鉋削り、ヤリガンナ削り、木の香り体験が行われました。
削られた鉋屑は透ける程薄く、道具の手入れ(刃研ぎ、台直し)も技も素晴らしい!
後ろに並んでいるたくさんの鉋、しっかり見てきましたよー!
b0178322_19522333.jpg

 丸鉋による丸柱の削りも体験出来ました。
b0178322_200244.jpg

 なんとヤリガンナの体験も出来ました。
真剣になり過ぎて肩に力が入ってしまいました。修行が足らん!
b0178322_2053349.jpg

 刃研ぎ、鉋台の仕上げ、道具の手入れ、学ぶ事の多い展示会でした。
皆さん、ぜひご覧下さい。開催は12/28日までです。入場は無料です。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
↑ランキングへ参加しています。クリックお願いします

~「木になる学び」 2011年度 木匠塾 生徒募集中~
詳細は
木匠塾HPを参照下さい。塾生ブログ「木になる学び」も随時更新中!!
[PR]
by mokushojuku | 2010-12-19 20:22 | 木匠塾
<< 木匠塾で技能向上(千鳥格子) 打ち合わせ >>