四方転び

こんばんは、しげです。


今、規矩術の授業では
四方転びを作成するために必要な展開図を描いています。

四方転びとは四隅が中央に向かって傾斜した形状のことで、
安定していて荷重にも耐え、倒れにくく、
踏み台の 形状としては理に適っています。

社寺の水屋、お寺の鐘楼、東屋などの建物は柱が四方転びで建てられています。

b0178322_19222100.jpg
これを作るために
b0178322_1934927.jpg
こういうのを描いています。

足(柱)が傾斜しているだけの
単純そうな作りに見える四方転びですが、

展開図を見てみると、そして実際に描いてみると
非常に複雑なしくみになっているのがよく分かります。


完成するまでの道のりはまだ長そうです。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
↑ランキングへ参加しています。クリックお願いします

~「木になる学び」 2011年度 木匠塾 生徒募集中~
詳細は
木匠塾HPを参照下さい。塾生ブログ「木になる学び」も随時更新中!!
[PR]
by mokushojuku | 2010-11-04 19:37 | 木匠塾
<< 劇的!ビフォーアフター 今年も、アト2か月 >>