やれば出来る!

 暑い日が続いていますね。森林文化アカデミーの皆さんの設計された「自立建設プロジェクト」の加工を元気いっぱいやっています沼野です。

 例年なら涼しくなって来る時期ですが、今年は残暑がきつくなかなか涼しくなりませんね。 盆明けより、森林文化アカデミーの皆さんが、木匠塾の寮に泊り込みで「自立建設プロジェクト」の加工を行っています。 寮に最大、8人+8人=16人の宿泊となり、にぎやかに交流を深めています。親子ほど年齢は離れていますが皆さん親切にして頂き大変感謝しております。出会いは人生において大切な出来事だと思います。いつかどこかで、何かあった時、助け合える仲間でありたいと思います。

 話は全く変わってしまいますが、盆休み前まで、木匠塾生はビッグな課題をこなしていました。それは、「小屋丸太梁」の製作です。入塾前に、訪問した時、校内を案内して頂き、実習棟前に並んでいる先輩方の作った、「小屋丸太梁」を見て、こんな事が出来ちゃうんだ~と、感心しました。又、入塾後は、いつ作るだろうかと楽しみにしていましたが、ついにーーー、その時がやってきました~♪。

 まず、先輩方の作品を解体する事から始まりました。ただ壊すのではなく、どのように作っているかを記録します。  <下の写真は解体前の先輩作品>
b0178322_17294110.jpg

 いよいよ、丸太の登場です。う~ん、ずいぶん曲がったのもあるけど大丈夫かな?(ちょっと不安)
 この丸太を、釿(ちょうな)がけ、電動かんなで表面を仕上げていきます。
<下の写真は加工前の丸太>
b0178322_17301499.jpg

 何と言っても墨付けが大切。芯墨、桁上墨、上がり墨、などを平らな部分や、丸いままの部分も墨を正確に打たなければいけません。その後、墨を基準に、正確に加工していきます。みんな暑さを忘れ一生懸命やっています。
<下の写真は加工途中の様子>
b0178322_17303833.jpg

 出来上がりです。例年、3間の長さですが、今年は2チームに分かれ、4間サイズと3間サイズを作りました。丸太のつなぎ部分は「台持ち継ぎ」両端は「兜蟻掛け」です。
<下の写真は完成作品です>
b0178322_17312973.jpg

 完成後、佐々木先生より「なかなか上手く出来てるな。」とお褒めの言葉を頂き、出来栄えに満足して、疲れも忘れて調子に乗っている製作メンバーの記念写真です。
b0178322_17315687.jpg


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
↑ランキングへ参加しています。クリックお願いします

~「木になる学び」 2011年度 木匠塾 生徒募集中~
詳細は
木匠塾HPを参照下さい。塾生ブログ「木になる学び」も随時更新中!!
[PR]
by mokushojuku | 2010-08-27 17:57 | 木匠塾
<< あと1日です 仮組み >>