構造計画しています!

木匠塾では、ブログで何度も登場している実習の他に「座学」があります。
座学には、建築計画・建築構造・建築設備・建築材料・・・・・等など、この他多くの授業があり、それぞれについてその道のエキスパートの方々が先生になります。

 その科目の一つの建築構造では、実際に建てた物件をもとに、建物の梁・桁・柱等の配置を計画する「構造計画」を習っています。
 科目担当の先生は・・・もちろん石田学塾長です!
 石田先生の指導のもと、塾生共同で構造設計を行っていきます。授業では、建築経験者・建築高校を卒業した者・その他の科や普通高校を卒業した者が一緒に設計を行う事で、経験者はその他の者にアドバイスをしたり、チームをまとめる、その他の人は必死に理解しようとする事で、お互いに相乗効果が生まれます。
b0178322_17535974.jpg
分かっているつもりでも、人に説明をしようと思うと中々難しいんですよね。


b0178322_1757561.jpg
構造についての説明では模型も登場します。建築業に携わっていた私ですが、模型を見る事でイメージがより明確になり、立体的に物事を考えれるようになります。


b0178322_17594486.jpg
これは懐かしい建物の模型が登場しました!我が故郷加子母にある憩いのレストラン「ピノキオ」です。屋根の形が変わると軸組みが、がらっと変わります。この二つを眺めるだけでも勉強になりますね!


先生からの授業を聞きながら、自分達で考えて設計をして行きます。まずは土台の通りを決め、柱の位置・梁・桁のかけ方を考えて行きます。設計している建物をどういった形で「固める」かを考えながらの作業になります。
b0178322_1851441.jpg
結論が出たら、それを描いていきます。


b0178322_1855468.jpg
柱が建ち、梁・桁がかかりました。ここまで来るのにも時間がかかりました。

普段何気なく見ている家ですが、それを設計する立場になると色々な事を考慮しなければなりません。構造設計の初歩の初歩を勉強していますが、本当にためになる事ばかりです!!

中島 創造
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
↑ランキング参加してます。クリックお願いします/  
[PR]
by mokushojuku | 2009-07-10 18:12 | 木匠塾
<< 上棟式直会とお疲れ会と月一恒例... 次こそは… >>