驚き!桃の木!山椒の木!!の嬉しい出会い!!!

一昨日・昨日と講習会で東京に行って来ました。
講習会とは別に、東京では大田区に店を構える創建舎さんの現場を見学させて頂きました。
現場清掃や大工さんの親切な対応、現場レベルでのお客さんに家造りを楽しんで貰える工夫も含めて、大変良い雰囲気の現場に、大変刺激を受け勉強になりました。

この現場見学で思いもよらない事がありました。
何と、木匠塾の卒業生が大工さんの一人として家造りを行っていました!!

b0178322_524653.jpg
山崎行洋さんです。写真で見ると少しイカツイ風貌に、勝手なイメージが出来てしまいそうですが、物腰の柔らかい静かな大工さんでした。2007年度の第7期生になり、僕の2年先輩です。

東京の優良工務店さんの現場見学をさせて頂き、そこで偶然にも木匠塾の卒業生に出会いました。
思いもよらない出来事に、嬉しくて嬉しくて言葉で表せない程嬉しくて、興奮した僕は石田・佐々木両先生や中川事務局長の事、匠寮での生活などの話を夢中でしました(正確には、興奮した僕が一人で話していただけかもしれませんが・・・笑)

木匠塾では、各地から生徒が集まり東濃ひのきの故郷で寝食を共にしながら、在来軸組み工法をはじめとして木造建築に関わる多くの事を学びます。
その仲間が各地に帰り、学んだ事を生かして今後の木造建築に携わっていくと思うと、木匠塾の人と人との繋がりの輪が広がって行くようで、凄く楽しみになります。

森林文化アカデミーと共同で制作する自力建設プロジェクトでもお世話になっている、森林文化アカデミー客員教授の三澤文子先生は「木造は学びの場が支える」と言われています。
僕も本当に共感している言葉です。「学びの場」が沢山の「出会いの場」になり、それが広がって「繋がりの輪」になっていく事が、沢山の人と協力しての物造りを行う建築には一番大切だと感じる今日この頃です。

山崎先輩にお会い出来た喜びと、ひたむきに頑張る姿から沢山の刺激を受けた「出会い」でした。
快く見学させて下さった創建舎さん本当にありがとうございました。

中島創造
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
↑ランキング参加してます。クリックお願いします/
[PR]
by mokushojuku | 2009-06-26 05:32 | 木匠塾
<< 建て方・造作実習  最終章 建て方・造作実習!!その10+α >>