建て方・造作実習!!その5

今日の中津川は晴れ。
梅雨はどこかへ行ってしまったようです。
先週末から続いています4.5帖の
『木匠塾なんでも小屋再々・・・新築工事』では怪我人
も無く着々と進行しております。

では、午前の授業よりレポートしたいと思います。
今回は、建築において欠かすことのできない2つの儀式について
佐々木先生より講義頂きました。
今日、家造りで一般的に行われている祭事が『地鎮祭』と『上棟式』です。
まず地鎮祭。
正式には、「トコシズメノマツリ」と読み、建築工事に先立ち
その土地の神を祭って、工事の安全を祈願する儀式です。
b0178322_217382.jpg

その際に行われる玉串奉奠の練習風景です。
少し緊張気味の達君。
b0178322_21145979.jpg

次に上棟式です。
建物の神を祀って、棟上げまで工事が終了したことに感謝し
無事建物が完成することを祈願する儀式です。
写真は上棟式で棟梁が読み上げる祝詞(のりと)の一例です。
b0178322_21225685.jpg

達棟梁が『木匠塾なんでも小屋』の屋根より祝詞を読み上げています。
少し棒読みぽかったですが、立派に役目を果たし上棟式が滞りなく
終了しました。

どんなに卓越した木加工の技術を習得できても、建築における
一つ一つの作法について理解しておかなければ、一人前の大工さん
とは呼べないのかも知れませんね。
大工コースのヤングトリオ、腕と心のある立派な棟梁になってね。

                       木匠塾生 細江彰吾                                 
a href="http://local.blogmura.com/">にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
↑ランキング参加してます。クリックお願いします/
[PR]
by mokushojuku | 2009-06-18 21:41 | 木匠塾
<< 建て方・造作実習!!その6 建て方・造作実習!!その4 >>