建て方・造作実習!!その1

梅雨入りして雨や曇りが続いていた中津川の木匠塾も、今日は久々の晴れ。
山里であるこの辺りで、この時期の雨は長く暑い夏の為に必要です。しかし、晴れの日は何をするにも気持ち良く毎日天気が良いといいな~と考えがちです。


偶然にも気持ちが良い天気の今日から、建て方・造作の実習が始まりました。
木匠塾では毎年このカリキュラムがあり、今までの卒業生の全てが「建て方・造作セット」を使って実習を行いました。実際に実習セットを購入する人もいて、以前売れたのも含めて今使用しているセットで3代目だそうです。ご希望の方はこちらまでご一報下さい。


b0178322_17192790.jpg

まずは土台を敷きます。実際の建て方では基礎コンクリートの上に組み上げていきますが、今回は実習のため、土台を少しかさ上げして組んでいます。


b0178322_1802960.jpg
土台火打ち・大引きも入れます。実習終了後に解体するので、ビスで火打ちを固定するスーさん。さまになってますね~!


b0178322_183687.jpg
土台・大引き・火打ちが組めただけですが、これだけだけでも形になると嬉しいですね!!


b0178322_183598.jpg
続いて先行足場を組みます。足場がある事でこれから先の作業能率が格段にあがります。大工コースの若手トリオ、スーさん・タッちゃん・イッシーが協力して組んでいきました。


b0178322_1861858.jpg
足場をかけると、お次は柱です。土台の上の、柱が立つ部分を確認して一本一本建てて行きます。さぁ作業はどんどん進みます!


柱の上に梁・桁をかけたら、梁・桁にも火打ちを入れて、建物の「おこし」(垂直)を確認します。
b0178322_18104240.jpg
柱の上部から「下げ振り」を垂らして、建物が垂直に建っているかをみて調整をします。建物の垂直が確認できると「仮筋交」(かりすじかい)で建物を仮に固定して次の作業に移ります。


b0178322_18152021.jpg
b0178322_18153643.jpg
「おこし」を確認した後は火打ちや桁・梁をボルトで固定します。イッシーとショウゴ兄さん・タッちゃんが別れてボルト固定をしました。


塾生5人中4人が始めての「建て方」。戸惑う事ばかりでしたが、今日一日だけでも少しづつ慣れて行きました。怪我をする事なく安全第一で、みんなで協力して最後までやりぬきましょう!!


中島 創造
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ
↑ランキング参加してます。クリックお願いします/
[PR]
by mokushojuku | 2009-06-12 18:28 | 木匠塾
<< 建て方・造作実習!!!その2 森林文化アカデミーへ >>